TOP > 社会事業(弊社の取り組みなど)

逆浸透膜(RO膜)装置、海水淡水化装置、純水製造装置の販売、設計、メンテナンスならアクア技研|弊社の取り組みなど

        

ODA(政府開発援助)に参加

        
   平成28年10月に、日本のODAプロジェクト エクアドル無償資金協力「経済社会開発計画」のもと
  弊社の海水淡水化装置を設置致しました。
   様々な困難のある中、ODA関係者の方々や、村長をはじめ村民の皆さまのご協力を頂きました。


       

       

       



        

海外研修生に装置の説明・見学会を実施

  平成30年2月に、JICA沖縄の研修員の方々に「海水淡水化施設の仕組み」などに関して
  沖縄設計事務所長が説明を行い、工場見学会を実施致しました。


        
        詳細は
こちら



        
  平成26年2月7日に、JICA沖縄の研修員の方々に「小規模海水淡水化施設の仕組みとメンテナンス」
  について弊社代表が説明を行い、工場見学会を実施致しました。


      
        午前中は、海水淡水化施設に関する説明をさせて頂きました。

          配布資料(英語版)はこちらで閲覧できます(PDF) → seawater-desalination

           
        午後からは、海水淡水化装置の仕組みなどについて説明させて頂きました。


    ~実施内容~
  • 平成25年度集団研修:中核人材育成(環境管理/環境行政一般/自然環境保全/持続的自然資源利用)
           島嶼水環境の保全と管理
  • Conservation and Management of Water Environment in Island Countries
  • 対象: 10か国10名
           フィリピン、モルジブ、キリバス、セーシェルアンティグア・バーブーダ、キューバ、ドミニカ、グレナダ、
           セントクリストファー・ネーヴィス、セントルシア、水環境保全を担当する中央/地方政府の省庁及び、
           行政やコミュニティと協力して水環境保全に取組むNGO

        

SIWW2008にて、展示会実施

                
   平成20年6月にシンガポールにて行われたSIWW2008 (Singapore International Water Week 2008) に
          参加し、海水淡水化装置の展示及びデモンストレーションを行いました。 
  
     SIWWのページ → 
http://www.siww.com.sg/
        
        

環境への取り組み

      
   弊社では、環境問題に対して貢献すべく次の取り組みを行っております。

  •    ・弊社からの物品発送には再利用ダンボール箱を使用させていただく場合がございます。
       緩衝材もすべて再利用致しております。

  •    ・ペーパーレス化への取り組み。弊社では下記について可能な限り紙の使用を控え、電子伝達手段を
       採用致します。(領収証・FAX・その他)

  •    ・逆浸透膜膜装置の省力化、逆浸透膜の寿命延命化によるプラスチック廃棄物の削減を目指します。

地域との関わり

        
   豊見城エドソンクラブ(シニアサッカー)にユニフォームを提供させて頂きました。
        
                  豊見城高校サッカー部OB会

 

   金沢大学サッカー部にユニフォームを提供させて頂きました。
          
          金沢大学サッカー部facebook公式サイト